2011年02月03日

ひかりの国のタッシンダ

子供の頃から、おてんばで落ち着きがなくてじっとしているのが大の苦手
そんな私がいったいいつ本と向き合う時間があったんだろうと
本人が不思議なのだけど目
お気に入りの本が、いくつか…
ときどき覚え書きとしてここに書いておこうと思います

今日は、「ひかりの国のタッシンダ」
エリザベス・エンライト作 アイリーン・ハース絵 久保田輝男訳
Tatsinda /Elizabeth Enright /Irene Haas

tatsinda表紙
昭和版の表紙!

小学校の2〜3年頃だったかな?
たぶん担任の先生か、保育園の時の大好きな先生に
病気か怪我の(3年生の時に入院経験がありますあせあせ(飛び散る汗))お見舞いとかで頂いた本だったとおもうのですが
高い山と霧にかこまれ外界から閉ざされた小さな国のおとぎ話
もちろん魔法を使えるおばあさんもいるし、悪者の巨人も出てきます
とても綺麗な挿絵と、人とは違う(生まれも見かけも…)という設定の主人公の元気な女の子
そして生き物やいろいろな名前がすべてTからはじまる名前を持っているなんて…印象的なお話でした

大人になってから、どうしてももう一度読みたくて探してみたら絶版になっていましたもうやだ〜(悲しい顔)
なんとか手に入れたのは英語版、残念なことに挿絵が違う作者で切ない思いをして
あきらめ切れずにとうとう図書館に依頼して、取り寄せてもらって、コピーをとったりしました
昭和の臭いのする、その少しくたびれた本を手にした時、とってもうれしくてワクワクしたのを思い出します。

そんな苦労をした翌年に、なんとフェリシ●出版から復刻されました。

復刻版と米国版
復刻版と英語版

もちろんすぐに入手しました
その復刻した本は書評や児童文学としての評価が、私が子供の頃に感じた事とはちがっていて
とても興味深かったです
人と違う、主人公を私はとってもかっこよく羨ましく素敵に思ったのだけれど、
現代では差別とかいじめとか、そんな事象にからめて読み取る方が多くて
ああそう言う事も表現していたのかな…なんて目から鱗だったりもしました。

オリジナル挿絵
魔法使いのタンダナンとタッシンダ
この挿絵は復刻版ではモノクロです…ザンネン!

最後はファンタジーらしく、王子様と結ばれるベタなハッピーエンドですが、とても大好きな作品でするんるん
posted by ぴぁの弾き at 00:50| 静岡 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | favorite | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。