2011年02月19日

おくるかたち おくるこころ

知人が亡くなったと、突然のメール…
同世代のTp吹き
最近は殆どおつきあいもなかったが
私の20代はじめの恥ずかしいセイシュンの一幕に
しっかりどっかり存在している方だった
訃報をきいて、いろいろな場面がよみがえった

いっしょに演奏もしたし、かっこいいラテンバンドのライブ
何度か聴きにいかせてもらった
とんでもないハイトーンを出したりできるのに
モンキートランペット吹きながらスキップしてみせるムードメーカーだった
特別なキャラクターで周りをぱっと明るくする
でもTp吹きらしく、とても繊細な心の持ち主だったと思う

…早すぎるよ…
こころが痛い

遠くて伺えないので、せめて斎場にお花をと問い合わせてみたが
斎場では「遠慮いただいております」と…?
そっか都会のお葬式では、祭壇のバランスなど考えると
外部から勝手にお花がどんどん贈られると困るのかな…
そこで斎場のいいなりの金額と形のモノしか送れなくなる…

こころはどこにいく?すこし寂しくなった
おくるかたち、おくるこころ、
この年にして、こまったことに随分と何度もいろいろな形の
「お葬式」には関わってしまったけど
難しいなぁといつもおもう
命がうごく特別な時の事だからだろうけど…

昔の事、思い出しながらぼ〜っとしていたら
TVから懐かしい曲がながれた
改めて歌詞をみたら泣けてきた



勝手な持論だけれど
亡くなった人は遠くには行っていないと思っている
自由に好きなところにいつでも行っていて、気になったら側に来てくれると…
So Far Away
ドアをあけたらあなたがいてくれたらいいのに…
愛しい奥さんと子供たちの側にいるよねきっと

相手にはなかなか伝わらないし勝手な思い込みかもしれないけれど
先に逝った人を忘れない事、ふと思い出す…そんな瞬間が大事なんだと思ってる

楽しい時間をありがとう
あなたを忘れない



【関連する記事】
posted by ぴぁの弾き at 18:16| 静岡 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そうだよね
忘れないでいる
これがなによりの供養だね

いいや、けしてわすれることはできない
記憶の中に、血の中に、体の中に
彼の匂いが、彼の言葉が、彼の音が染み付いてしまっている。
ただ、ただ、ありがとう
Posted by ポルカ at 2011年02月21日 00:08
寂しくなりますね
こんなに離れていても
どこかなにか欠けたように寂しいのだから
yassyさんもポルカさんも、もっと…だよね

スキップして音楽を!
楽しもう音を
笑顔の彼、張り切って吹いている彼を思い出して
音を楽しむ事、続けていきましょうね
Posted by ぴぁの弾き at 2011年02月21日 13:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/186736106
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。